特許・意匠・商標の出願の審査・審理期間について

2017/07/19

 先日,特許行政年次報告書2017年版が公表されました。様々な情報が掲載されておりますが,日頃,特許・意匠・商標の出願を行ってから最初の審査結果(ファーストアクション(FA))が届くまでの時期についてお問合せ頂くことが多いので,今回も抜粋して紹介させて頂きます。

 

◆日本の平均審査期間(FA期間)◆
[特許] 9.5ヶ月(2016),9.5ヶ月(2015),9.6ヶ月(2014)
[意匠] 6.2ヶ月(2016),6.1ヶ月(2015),6.2ヶ月(2014)
[商標] 4.8ヶ月(2016),4.0ヶ月(2015),4.3ヶ月(2014)
※ 特許のFA期間は,出願審査請求からファーストアクションまでの期間,意匠・商標の
 FA期間は,出願からファーストアクションまでの期間です。

 

 特許や意匠はほぼ横ばいで推移していますが,商標についてはFA期間が長期化している傾向にあります。
 審査結果を早期に得たい場合は,早期審査制度の利用をご検討されるのが良いと思われます。但し,早期審査の対象とされるためには,具備すべき要件がいくつかありますのでご注意下さい。出願段階で早期審査の対象とされた案件のFA期間の平均は以下の通りです。

 

◆日本の平均審査期間<早期審査対象案件>(FA期間)◆
[特許] 2.5ヶ月(2016),2.3ヶ月(2015),2.1ヶ月(2014)
[意匠] 1.9ヶ月(2016),1.8ヶ月(2015),1.9ヶ月(2014)
[商標] 1.8ヶ月(2016),1.9ヶ月(2015),1.8ヶ月(2014)

 

 拒絶査定不服審判の審理期間についても同様に公表されております。

 

◆日本の拒絶査定不服審判の平均審理期間◆
[特許] 13.1ヶ月(2016),12.5ヶ月(2015),12.4ヶ月(2014)
[意匠]   6.8ヶ月(2016), 7.3ヶ月(2015),  8.5ヶ月(2014)
[商標]   7.2ヶ月(2016), 7.1ヶ月(2015),  7.9ヶ月(2014)

 

◆日本の拒絶査定不服審判の平均審理期間<早期審理対象案件>
[特許] 4.3ヶ月(2016),3.6ヶ月(2015), 3.1ヶ月(2014)
[意匠] 2.4ヶ月(2016),3.0ヶ月(2015), データなし(2014)
[商標] 2.5ヶ月(2016),2.4ヶ月(2015), 2.8ヶ月(2014)


 その他にも様々な情報が公表されておりますので,ご興味のある方は,ご覧になってはいかがでしょうか。


※ 参照元:
特許庁ホームページ「特許行政年次報告書2017年版」
https://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/nenji/nenpou2017_index.htm