特許・意匠・商標の出願のファーストアクション期間について

2016/10/20

 特許行政年次報告書2016年版では様々な統計が公表されております。
 これによれば,審査官による審査結果の最初の通知(ファーストアクション(FA))が出願人等へ発送されるまでの期間は,以下の通り,各法域共に年々短縮傾向にあることがわかります。

 

◆日本の審査期間(FA期間)◆
[特許] 9.5ヶ月(2015),9.6ヶ月(2014),14.1ヶ月(2013)
[意匠] 6.1ヶ月(2015),6.2ヶ月(2014),  6.3ヶ月(2013)
[商標] 4.0ヶ月(2015),4.3ヶ月(2014),  4.2ヶ月(2013)

※ 特許のFA期間は,出願審査請求からファーストアクションまでの期間,意匠・商標の

 FA期間は,出願からファーストアクションまでの期間です。


 拒絶査定不服審判の審理期間についても同様に公表されております。

 

◆日本の拒絶査定不服審判の審理期間◆
[特許] 12.5ヶ月(2015),12.4ヶ月(2014),12.6ヶ月(2013)
[意匠]   7.3ヶ月(2015),  8.5ヶ月(2014),  7.5ヶ月(2013)
[商標]   7.1ヶ月(2015),  7.9ヶ月(2014),  6.6ヶ月(2013)


 その他にも様々な統計が公表されておりますので,ご興味のある方は,ご覧になってはいかがでしょうか。


※ 参照元:
特許庁ホームページ「特許行政年次報告書2016年版」
https://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/nenji/nenpou2016_index.htm